なんとなく一枚。


写真による日記のようなもの。
by honomara2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

せぬひま

d0074474_18423461.jpg
先輩の会社が企画した焼酎「せぬひま」。

<せぬひま>とは

日本の文化・芸能は「無と間の文化」であり
「何もない事を豊か」と感じる・・これが「せぬひま」である
「せぬひま」は日本人だけが持つ世界に誇れる優れた感性です
・自然と自分を一体化させた「俳句」の感性
・「書」の何も書いてない空間の大きな存在感
・白砂の中に大小十五個の石が配置されているだけの枯山水「竜安寺の石庭」
・庭の全ての花を切り取り、ただ一輪の朝顔だけを秀吉に見せた「千利休の感性」
・日本建築に於ける「床の間・縁側」
・障子を閉め、僅かな四角のガラス窓から愛でる京都「雲竜院の紅葉」
・「落語」や「講談」に於ける絶妙な「言葉の間」
・「能」「狂言」に於ける「動と静とその間」
このような日本人の優れた感性を世阿弥は「花鏡」の中で
「せぬひま」と表現している


日本の文化も焼酎も、奥が深い。
[PR]
by honomara2 | 2012-07-19 19:40
<< 高カロリー ガリガリ君 >>


以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧